使い方・トレーニング方法 | リハートテック(ReHEARTTEK)

使い方・トレーニング方法

step1
まずは何も入れずに、吸うトレーニング


step2
初回トレーニング用の小容量タイプ(ブルー)に
お茶やジュースなどの飲料を入れて飲む


step3
舌圧が高まった方には、大容量タイプ(グリーン)にお茶やジュースなど飲料を入れて飲む

その他ご使用上の注意やお手入れ方法など、詳しくは取扱い説明書をご覧ください。

最短一週間でお喜びの声が届きました

使用方法は超~簡単。 お茶や飲料を嚥下力リハビリ用ボトルに入れて、舌を上下に動かす運動をしながら飲むだけ。 この運動が、飲み込みに関する筋肉を鍛えるように促してくれるみたいです。 基本は高齢者向けの商品となるので、そこまでキツいこともないかなと思っていたら… これ、想像以上に吸い込む力が必要です! クタクタになってしまうほどではないけど、けっこうな吸い付きが必要となってくるので。 毎日1日1回でもこのボトルでお茶や水を飲むようにしていけば、これはかなり鍛えられるんじゃないかなという実感が湧いてきます。(45歳/女性)

80代の祖母が使っています。1週間ほど経ったのですが、咳込みは前ほどなくなったように感じます。 ハンドルが付いているので持ちやすくて良いといっていました。 それぞれパーツも外せるので個別に洗うことができるので衛生的です! これからも『タン練くん』で毎日トレーニングして、楽しく食事してもらいたいです!(27歳/女性)

NHK「おはよう日本」で紹介されたこともある商品。 最近、なんとなくムセる回数が増えてきたかな?と少々の不安が出てきた。 還暦を過ぎたオヤジなので笑い事では無い。 だからといって、どう予防すればいいものかと思っていたときに教えてもらったのが嚥下力トレーニングボトルのタン練くん。 この商品は一般医療機器(口腔嚥下機能訓練器具)だから、本格的に訓練ができるのだが難しい知識が必要ない。(62歳/男性)

おばあちゃんにプレゼントすることにしました♪ 私には遠方に住む若いおばあちゃんがいます。 メイクやヘアセットして、背筋もしゃんとしていて、いつまでも変わらないおばあちゃんだったのですが… 最近、年齢を知ってビックリ!90歳でした(笑) そこで、母に【タン練くん】持って行ってもらいました。 母の話だと、おばあちゃんは大体のものは食べられるけど、昔に比べてムセることが多くなって、食事には気を遣っているそうです。 おばあちゃんは「孫から貰ったプレゼントだから、嬉しい~♪」「使ってみよう!」と喜んでくれたそうです。(47歳/女性)

最近まで『誤嚥』とは何か知らなかったのですが、食べ物を飲み込む働きつまり嚥下機能の障害または機能低下で、食べ物を飲み込む際に気管などに入ってしまうことだそうです。 祖母が誤嚥で悩んでいると知り、こちらの商品をプレゼントしました。お茶やジュースなどの飲料を入れて飲むことで、日常的に喉のトレーニングを行うことができる商品で、NHKの「おはよう日本」でも紹介されているよ、と伝えたところ、とてもうれしそうでした。 1週間使ってもらって感想を聞いたのですが、誤嚥にならないようにするために何かトレーニングしたいけれどどうしたらいいかわからないと思っていたので、こうした道具があることはありがたいと言っていました。数値的な測定はしていないのでわかりませんが、話しているいるときに、気管に唾液が入ってむせてしまうことが減ったと聞きました。これからもトレーニングを続けてほしいです。(30歳/女性)

包装はしっかりしていました中身も衝撃強いクッションが入っていました。早速く開けてみました。品物は大きい サイズでしたそれぞれの部分はシッカリしていて、分解も簡単、組み立てもすぐできました洗浄もやりやすいと おもいます。試しに麦茶を入れて呑んでみました舌の使い方飲み込むの力いります、少し慣れる必要があると思います。舌とか喉が刺激があり効いてるきがします。両手でもてるので高齢者にも良いと思います。飲む物の種類が水やスープまでどの位まで飲み込むことができるか使ってみます!(73歳/男性)テキストを入力してください

ピックアップ商品